熊本ラーメン 毎日行列”黒亭” 熊本地震で大きな被害を受けた地域で、営業中。有名芸能人も多数来店してます。

         凶暴なる

猫の本
車載モニター
スマホナビ(Googleマップ)の画面を大きく。スマホナビは、目的地周辺ですの突然の案内終了がなく、ストレスなし。渋滞状況もわかり便利。
ドライブレコーダー
事故時はもちろん、ドライブの動画記録に。
我が家には、大変凶暴な猫がいます。小さな頃狩りの練習をしすぎたため、狩りの本能が強くなりすぎました。引っかくのは日常茶飯事で、時には腕や足に食いついてその状態で後ろ足で蹴るため、痛さも倍になります。機嫌がいいときはかわいいのですが、ひとたび機嫌を損なうと耳を伏せながら跳びかかってきます。ウ〜ウ〜と唸りながら襲ってくる様はまさにライオンといった感じがします。それでも猫はかわいいですね。凶暴な赤猫の写真集です。猫は人間にとってとても重要なパートナーで、これから先も変わりはないでしょう。ちょっと凶暴な猫です。狩りの本能が強くなりすぎた茶トラの写真です。この猫気まぐれなので、いつ攻撃してくるかわからず戦々恐々としています。猫の生態は不思議だらけですね。古来より人間の居る所には猫がいました。猫の人なつっこい一面が、人間との共存を可能にしていたのでしょう。ネズミを取る仕事は今は必要ないですけれど、癒しを与えてくれるという大きな仕事をしてくれています。猫はよく寝ますね。寝顔を見ていると、ついついこちらも眠くなってしまいますので要注意です。このサイトでは、我が家の猫のみやの幼い頃の写真を紹介しています。一部、ちょっと大きくなった時の写真もありますが、ほとんど幼い頃の写真です。いまでも十分にかわいいのですが、小さな頃の写真はその当時の記憶も一緒に呼び起こしてくれるので、特別のものがあります。今度暇な時間が出来たら、大きくなったみやの写真も、このサイトに加えようかと思っています。

猫について

猫は世界中できわめて広く飼われていますね。以前、テレビでイタリアの街中の猫が、写されていました。野良猫のようでしたが、血統書つきではないためか日本にいる普通の猫と似ていて、親近感を覚えました。リビアヤマ猫が原種とされているようです。化石は1万年位前のものが発見されていて4000年前ごろメソポタミア(現在のイラク周辺)において、穀物の倉庫を荒らすネズミや野うさぎを狩るために重宝し、ペット化たようです。穀物を猫は食べないので、都合が良かったのでしょう。今はネズミを捕るどころか、怯えてしまって小さくなってしまう猫も多いと聞きます。凶暴なる猫 小さくてもすごい迫力

左の写真は、生まれて2ヶ月くらいの時の写真です。その頃は体もまだ小さく、襲ってきてもそんな恐怖はありませんでした。しかし今はもう5才を越し、襲ってくる時
(もちろん、遊びの中ですが)、背筋が寒くなるような恐ろしさがあります。それでも普段はゴロゴロ頭をこすり付けてきて案外可愛いところがあります。猫は本当に気分屋ですね。
白黒でもOK 本が好き 袋が好き 憂いのある 丸くなる
まぶしいよ ノドなでて お休み中 あお向け 180度ひねり
毛づくろい 暑いですね 猫の部屋 踊る猫

猫の体

体の大きさは猫科の他のほとんどの動物に比べて小さく、体重は2.5〜7.5kgの範囲に収まるものが多いようです。あなたの飼っている猫は何kgありますか。ちなみに、我が家の猫は5kg弱と、ほっそりスマート体型です。

猫の狩り

待ち伏せの狩りとしての習性が強く、足音を立てずに物陰に隠れて、じっとタイミングを見計らっています。そしてチャンスと見るや猛ダッシュをかけ、爪で獲物を引っ掛けます。一度ではしとめ切れないので、何度も何度もアタックします。テレビでライオンやトラの狩りを見たことがあると思いますが、あれと同じです。しかしライオンなどと違って、すぐにノド笛に噛み付いてとどめをさすことはほとんどないようです。じゃらしてなぶり殺しのようで残酷に見えますが、実は臆病で噛み付いてとどめを刺すことがなかなか出来ないのでは。あるいは子猫の狩りの練習用にする為の、本能かもしれません。ライオンなどと一緒でオス猫は狩りをほとんどしません。オス猫同士の喧嘩に有利なように体自体が硬く、狩りには不向きになっているようです。したくても出来ないといったほうが、いいかもしれません。

猫の目

猫の目の焦点距離は2m〜6mです。食べていたエサがポロッと床に落ちても気付かずに、必死になって探している姿をよく見ます。これは人間の感覚では考えられないのですが、目の近くだと逆に視認しにくいようです。また、動いているものを捉えるのは得意だけど、動きのないものなどは苦手としています。猫の瞳孔は縦長で、昼間はまるでトカゲの目のようです。それに反し夜中になると目がほとんど真っ黒で、顔が全く変わってしまいます。猫にはタペタムと呼ばれる層が網膜にあり、この層が光を反射するため、わずかな光でも物を見る事ができます。そのため夜間の狩猟が得意で、暗闇の中で猫の目が光るのは、このタペタムが光を反射するためです。色については赤は認識できないといわれています。また、紫外線を認識することができるといわれています。紫外線が見えたらどんな風に見えるかはちょっと想像できませんが。

猫の鼻

猫の鼻は、ヒトと比べれば数万〜数十万倍と言われる嗅覚を持っています。猫は、嗅覚をこれは食べられるものかどうかということと、縄張りの確認に主に使うといわれています。猫は頬腺などから出る分泌物や尿などによって、自分の臭いをつけそこを縄張りとします。猫が飼い主の足に顔をすりよせるのは、頬腺などから出る分泌物をつけ、自分の物というマーキングをしているそうです。ちょっと困った事に飼い猫がオスだったら、スプレーに悩まされるかもしれません。縄張りの誇示をするのでしょうが家の中あちこちとスプレーしまくりになります。その臭いたるや、とても我慢できるレベルではありません。布団などにされた日には、眠たくても臭いが気になり眠れなくなります。干しても臭いが残るので、お手上げです。去勢すればある程度おさまるようですが、1割程度の猫はそれでも効果がないようです。いい方法が何かないものでしょうか。幸いというか我が家の猫はメスなのでそういった悩みはありませんが、そういう心配がなければオス猫も飼ってみたいですね。

猫の聴覚

猫の聴覚はとても優れています。特に高音域に強く、人間には聞こえない音も捉える能力があります。どんなにテレビの音が大きくても、飼い主が帰ってきた足音を聞き分けて玄関まで迎えに行く事が出来ます。2人以上で住んでいるなら簡単に観察できます。忍び足で帰ってきても、猫には通用しませんよ。
凶暴なる猫のサイトは、猫の写真集です。
凶暴なる猫のサイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。免責事項 プライバシーポリシー
アイペットから業界最安値のペット保険が登場!
安心の国産・無添加のドッグフードは犬猫自然食本舗
NTT電話加入権0円で電話新設、良番取得 電話番号が今すぐ欲しい。急ぎで電話引きたい。番号取得から電話回線まで、全国まるごと安心サポート。
inserted by FC2 system